島田市のトレイルランナー 鈴木 政宏さんのお話。。。

あしたす お客様の声(鈴木様)

鈴木さんは、2022年4月2日のオープン2日目にご来店いただきました。
車から降りた姿の初めての印象は、『右膝が捩れてる』でした。

鈴木さんが走り始めたのは41歳の時。
陸上をやっている娘さんの姿を見て、自分も走りたい!
マラソンに出てみたい!と思い、走り始めたそうです。
資生堂ランニングクラブ川越学さんの本を読み、トレーニングすること一年でジュビロのハーフマラソンに出場。
その後、袋井クラウンマラソンにて初フルマラソンに出場。なんと…3時間35分という記録を打ち出しました!
初マラソンでその記録はすごいですね✨

その後、掛川新茶マラソンで3h20
次の年は3h10
次の年は3h01
44歳の時に河口湖で2h54
と、次々と記録を更新していきます。

すると、今度はトレイルをやってみたいと思い、朝霧で1泊2日で行われた田中鬼コーチによるトレイルラン講座でノウハウを学んで、翌年110kmのトレイルレースにチャレンジしました。
新しいものに触れるワクワクで、次々と走り続けます。

トレイルランニングをする鈴木さん

この間にワンちゃんと走ることもし始めて、ワンちゃんもムキムキ💪だそうです笑

しかし、トレイル6年目の51歳の時、上りの蹴りで膝に違和感を覚えるようになりました。

その後2019年にトレーニング中に故障。
診断の結果、半月板損傷、骨挫傷を起こしていました。

それでも走りたい!と、リハビリを続けながら挑戦をつづけますが、膝の腫れわやおこしたり、水が溜まってしまったりを繰り返していたそうです。
月間走行距離は300kmから50km程度まで落ちてしまいます。
そんな中、藁をもつかむ思いで足足に来てくれました。

足足 測定の様子

足元の捻れが膝に繋がり、痛みを起こしていること。
靴のフィッティングも見直すことなど、分析、カウンセリングをさせていただき、インソールを作成させていただきました。

あしたすインソール

その後、膝の腫れがひきはじめ、四年ぶりにレースに復帰✨
びっくりするくらい頻繁にレースに出てるご報告もいただき、嬉しい反面、心配でもありました。
しかし、そんな心配はよそに遂に奥信濃100kmのレースを完走!
その後も京都の80kmレース完走のご報告もいただきました。
 
昨年夏にはRUN +TRAILにて、記事を書かれた際に足足のことも載せてくださいました。

鈴木様記事

今後も怪我に気をつけてながら走り続けてほしいです✨
私はさらに腕を磨き、更なるサポートが出来るように日々精進…💪

怪我なくスポーツをすることで、もっとスポーツが好きになれるはず!!

インソールを入れる前。着地の瞬間に足首がねじれて潰れているのがわかるでしょうか?
こちらはインソールを入れた後。足のねじれを矯正し、心なしか走りも軽やかになっています。
石川弘樹さんとの3ショット
山上ケ岳トレイルランニング
鈴木さんはまだまだ走り続けます。

怪我に悩まれてる方はぜひ一度ご相談ください。